先輩社員の声

機械オペレーター/小鉄優樹(2011 年入社)


明るいうちに家に帰る、健康的な生活

私も転職者です。前職では毎日残業が 2~3 時間あり、夜勤もあったのでいつも疲れていました。当社は実働時間が 7 時間 15 分と短く、しかも残業はほとんどありません。毎日、明るいうちに家に帰ってゆっくりできるので、今は健康的に過ごすことができています。前職では少し熱があっても無理して出勤しなければならず、よけいに体調不良が長引くことが多かったのですが、ここではそんな無理をすることはありません。いつでも有給休暇が取れる社風なので、精神的にもたいへんラクです。 

「なにも起こらない状態」を維持する仕事

私たち機械オペレーターは、砕いた石灰石を大きさごとに選り分ける「選鉱設備」を操作しています。スイッチを入れて動かすだけなので機械操作は難しくありません。一度動かし始めたら、あとはオペレーター室に座ってモニターを監視し、機械が正常に動いているかを見守ります。それに加え、実際に工場の機械を見てまわり、点検と掃除をおこなう「外まわり」が 1 日に 1~2 時間ほどあります。普段はモニターを見ているだけの平穏な時間が続きますが、この「なにも起こらない状態」を維持するのが、私たちの役割です。

耳栓とマスク

オペレーター室は空調が効いていて快適ですが、機械の稼働音がかなり大きく、業務中は耳栓をつけておかなくてはなりません。また外まわり業務では、石灰の粉塵が舞う中をマスクをつけて掃除したり、油の交換をしたりします。こうした騒音や汚れなどが苦手な方には向いていないかもしれません。仕事は、仲間 4 人でお互いに協力しあっているので心強いですよ。

自分の意見を言いやすい社風

日々の点検と掃除をしていれば自分の役割を果たすことにはなるのですが、私は常に「改善できるところはないか」「もっと効率よくできないか」と考えるようにしています。例えば以前、みんなで雑談しているときに出てきたのが、ヘルメットの変更案。私たちが見まわりをする現場は頭を打ちそうなところが多いので、「上が見やすいヘルメットに変えよう」という意見を会社に出し、採用されました。当社は、年齢や経験を問わず自分の意見を言いやすい雰囲気の会社。ちょっとしたことでも、気づいたことは上司に提案するようにしています。 

さらに知識を身につけ、成長したい

今後は、自分が管理している機械についての知識をさらに深めていきたいと思っています。深い知識を持たなくても、毎日の仕事をこなすことはできます。でも私はもっと詳しくなりたい。詳しくなればなるほど、その知識をもとにした改善案が出せるようになるからです。毎日少しずつですが、「このベルトの材質は」「このモーターの種類は」と、自分で調べたり、上司に聞いたりしながら知識を身につけていっています。いっけん単調に見える仕事ですが、自分次第で、プロとして成長を続けることができると思います。


エントリー、採用に関するお問い合わせ、見学、資料請求はこちらから。

 

 

 

足立石灰工業株式会社

0867-95-7111(代表)

月~土 8:30 ~ 16:30